Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player

   2018戊戌年のお正文化と観光の活動の開催の計画   
ホーム
紹介
ニュース
観光
サービス
写真ニュース
有益な情報
研究 - 検索
連絡先情報
 ベトナムは、インド人の観光客にとって魅力的な目的地になる。
更新:9/25/2019
 

インドでのベトナム大使Phạm Sanh Châu氏は、積極的に観光を促進すること、インドとベトナム間の直行便のオープンで、ベトナムがインドの観光客にとって魅力的な目的地になると断言した。

大使Phạm Sanh Châu氏(右端)は、フーコックのJ.W.Marriott Emerald Bayホテルで、インド人の億万長者の結婚式に参加した。

インドとベトナムは両方とも、素晴らしい目的地で観光開発の大きな可能性を秘めた国ですが、両国の観光客の数はまだ非常に限られています。大使によると、このパラドックスはなぜですか? 

大使Phạm Sanh Châu氏:世界で2番目に大きな人口を抱えているインドは、有望な観光市場と見なされています。毎年、約2500万人のインド人が海外を旅しています。この傾向は、近年急増しています。ただし、ベトナムへのインド人の観光客の数は、まだ少ないです(2018年に、約13万人のインド人がベトナムを訪れ、一方、タイへのインド人の観光客の数が約150万人に達した。)。

この潜在的な市場から観光客を引き付ける際の制限の1つは、ベトナムとインド間の直行便がまだなかったからである。インド人の観光客は、現在、いくつかの国をトランジットする必要があり、待機時間を浪費し、費用を発生する。 

多くの観光客は、直行便に関心し、ベトナムの観光について見聞した。多くのインド人の旅行専門家は、将来、ベトナムの観光産業がタイやシンガポールなどの他の東南アジア諸国と競争でき、数千万人のインド人観光客の目的地になると考えている。 

明らかに、輸送の困難が両国の観光開発を大きく妨げています。では、大使は、インドのIndiGo航空会社がベトナムへの直行便を開設すること、Vietjet航空会社がインドへの直行便を開設することの機会をどのように評価しますか? 

大使Phạm Sanh Châu氏:Vietjet Air航空会社が201912月にハノイとホーチミン市からニューデリーへの直行便を開設すること、インドのIndiGo航空会社が103日にハノイへ、1018日にホーチミン市への直行便を開設することは、特に、インドとベトナム間の観光客の数の動向でが近年その傾向は急速に増加している際のベトナムとインドの観光協力を促進する絶好の機会です。

2018年に、ベトナムへのインド人の観光客は、132371人に達し、21%増加しました。一方、インドへのベトナム人の観光客は、31408人に達し、2017年と比較して32%増加しました。2019年の最初の7か月で、ベトナムは、88565人のインド人の観光客を歓迎し、2018年の同時期に比べて19.9%増加しました。

IndiGo航空会社は、200機以上の航空機を持つインド最大の航空会社の1つで、インド市場の49%の市場シェアを占めています。IndiGo航空会社の代表者によると、彼らは、ベトナムへのインド人の観光客、またはその逆、観光の促進のために、インドからベトナムへの直行便を開設したいと考えています。

私は、積極的に観光を促進し、インドとベトナム間の直行便を開くと、ベトナムがインドの観光客にとって魅力的な目的地になると信じています。 20193月に、インドでのベトナム大使館は、インド人の億万長者の結婚式がフーコックでのJ.W.Marriott Emerald Bayホテルで開催されるために、多くの時間と労力を費やした。そのとき、観光客は皆、ベトナムにこんなに素晴らしい結婚式場があるとは思わなかったので驚いたと言いました。ベトナムの観光は、非常に多様で魅力的で、さまざまな地域のさまざまな観光商品があります。 

一方、世界観光機関は、海外へ行くインド人の観光客の数が2020年までに約5千万人に達すると予測しています。これにより、インドは、ベトナムを含む多くの国が活用しようとする魅力的な市場となりました。

多くのインド人の観光客は、安全な観光環境、美しい景色、友好的な人々、魅力的な食べ物、仏教の長期にわたる国などの多くの収束要因のため、ベトナムを訪れることをますます好みます。

そして、両国の航空会社がベトナムとインドへのルートを開設することと共に、大使は、ベトナムとインドがお互いの重要な市場になると確信していますか?

大使Phạm Sanh Châu氏:ビジネスの観点から見ると、多くの旅行会社は、インドの観光市場が本当に魅力的な「ケーキ」だと考えています。この国の中流階級(2億から3億人の人々)は、毎年、ショッピング、エンターテイメント、観光に対する高い需要があります。それで、これを悪用する方法を知っていれば、これは、ベトナムの観光産業のための「ガチョウと黄金の卵」になります。

今後、両国間の協力はさらに強化されるために、プロモーション活動、教育と訓練、両国間の旅行情報の交換を促進する必要があります。その上、ベトナムの旅行企業は、貧しい国としてのインド人の観光客のイメージを変える必要もあります。実際、彼らはまだ大きな観光支出の可能性を持っています。 ベトナムは、魅力的な目的地に転身する機会をつかむことができる。

インドへのベトナム人の観光客は、現在、主に仏国への巡礼ですが、大使が言ったように、インドには、多くの潜在性があります。大使は、この潜在性について、もっと共有できますか?

大使Phạm Sanh Châu氏:インドは、寺院、宮殿、砦の建築のような豊かで様々な文化と宗教、自然の遺産、非常に芸術的な素晴らしい彫刻、観光資源、特に仏教の精神的な観光で有名な国として知られています。インドへの観光客は、瞑想、ヨガ、仏教観光についての不思議な土地で体験できます。そして、伝説のガンジス川でセーリングして、登山して、ヒマラヤでスキーします。 

さらに、世界クラスの病院での治療に参加するヘルスケアのツアーやヨガのリトリートも、観光客のためのインドの大きな潜在性です。これらはすべて、ベトナムの観光客が愛する非常に興味深い体験です。

現在、インドは、ベトナムを含む169か国にも電子ビザ発行メカニズムを適用しています。この電子ビザは、28の空港と5つの海港で有効して、インドへの外国人の観光客の増加に貢献します。電子ビザ発行メカニズムは、観光、ビジネス、医療、セミナーの目的でインドを訪れる観光客に適用されます。

                                                                                  Yến Anh (thực hiện)

出典:政府新聞


ソース: vietnamtourism.gov.vn ヒット: 60
 

More
ビジネス情報
工事中
  
  
  Copyright © 1998 - 2009 - カンホアの文化体育観光省の著作権
内容については責任を負い: カンホアの観光振興•情報センター
デザイン: 観光情報センター - 旅行総局
ヒット数 2020: 10817
オンライン: 2